薬剤師業界の不安

薬剤師業界の不安

drug003薬剤師の求人は相変わらず、東京だけではなく大阪、名古屋、福岡、その他地方もどこのエリアでも多くの薬剤師不足のために求人がよく見受けられますね。6年生の薬科大卒業で薬剤師不足の問題は解消されるといわれて続けていますが、実際はそう簡単にはいかないでしょうね。新人の薬剤師さんがどこまで使い物になるかもわからないですし、6年生が本当に大量に卒業できるのか?きちんと薬剤師免許を取得できるのか?なんてもいわれています。。。逆にいえば薬剤師はいつまで必要とされるのか?こんな風に考えたことはありますか?一生涯、薬剤師でいられる風にお考えの方もたくさんいらっしゃると思います。ただ資格のある仕事が安心・安定なんていえるのは国がボーダーを引いてくれている間だけに限ります。

  • 国が高い賃金を要する薬剤師の給与をどう考えているのか?
  • 薬剤師がいないと薬が買えない、もらえない状態が正常なのか?
  • 薬剤師のレベルを甲乙をつけていく必要はないのか?

他業種と比べれば守れれている点や恵まれている点はたくさんありますよね。正直、今までは、上手くすれば楽できる職種であり環境であったことは間違いないでしょう。今後10年後、20年後も現状のような状態がキープできるかどうかそれは誰にもわからないですが、続くとお思いになりますか?

【国からの目線で、薬剤師業界を考えてみる】

国は医療改革と銘打って薬剤師という職業にも改革を求めていると思います。医薬分業から始まり6年生の導入、登録販売者、チーム医療推進策などなど方針・方向性はどこに向かっているのか、予想も含まれるので個々での判断がかなり必要だとは思います。ただ薬剤師の飽和状態が本当に国が描くストーリーに用意されているのか?ここを注意すべきところです。
ここで他業種のことを思い出してもらいたいのですが、弁護士や行政書士といった職業は今まで医療業界に近い状態で守られてきました。おそらく薬剤師よりも報酬も多く資格があれば一生涯安心といえる職業だったでしょう。しかし、2001年の司法制度改革推進法で弁護士が増員されたときから弁護士の年収300万円台と厳しい環境に一変してしまいました。薬剤師が弁護士と同様のケースになるかどうか、それはわらないですが、ここで私が提言していきたいことは、以下に正しい業界の情報を手に入れて、その情報を選別して、処理していくのかが必要となります。

さぁ、以上を踏まえて簡単なチェックを行ってみませんか?

【薬剤師限定】将来アンテナの情報網テスト

・新薬には常に興味がある
・薬の勉強は今もかかさない
・自分と違う職業で情報交換できる薬剤師仲間が1人以上いる
・セミナーや勉強会には参加している
・海外での薬剤師の動向や情報もチェックしている
・独立(調剤薬局)している薬剤師がいる
・経営者との付き合いもある
・コミュニケーションをとるのが好きだ
・MRとの付き合いは大事にしている
・MSとの付き合いは大事にしている
・自身の健康には注意している

本来ならすべて網羅すべきところですが、7つ、8つ以上当てはまらないとちょっと将来的な危機管理を怠っていると可能性が高いかもしれません。情報どこでも得られることができますが、生きたの情報や事例などはどうしても人を通じて得られるます。だかこそ人間関係をつなげることはあなたを将来を守るひとつ防衛線となる可能性になります。

【薬剤師業界内外の情報が不足していると実感した薬剤師さんへ】

情報を得るためのアンテナがまだどうしても構築できていないのであれば、ひとつひとつ作っていくことが必要です。これは私自身がよく耳にすることですが、上記のチェックポイントでも紹介した、MRやMSとの付き合いについてですが、あまりにも薬剤師さんは煩雑に扱うケースが多いです。もちろん大半は10人中9人はたいした情報のない営業マンが訪問してきますが、それでも10人に一人ぐらいにはきちんと情報を整理している人が訪問しているはずです。その中には鋭いビジネス感性を持った人だったりする人と出会える機会が常にあると考えています。そういう人との触れ合いはしておこないとどうしても人間としての器が大きくは成長していかないので、私などはかなり注意して意識し交流しています。

また情報を内から外から取り合えるために、薬剤師の求人サイトへの登録を複数行って情報を得てます。薬剤師の現状の人気職種(ドラッグや研究、調剤)の具合や給与の動向、求人数、転職する年代、介護と薬剤師の関連、専門化から無料で手に入れることができる情報なので、かなりオススメできるところです。また転職支援サイトを利用すると担当者がついてくれるので、仲がよくなるとかなりフランクにいろいろと他業種の情報や景気などもかなりクリアに見えてきます。そういった意味でも無料で簡単に情報インプットできるところは利用すべきでしょう。

■ドラッグバリューが推奨する薬剤師 転職求人支援サイト

エムスリー

エムスリー薬剤師転職
エムスリーキャリアといえば、今では誰もが知っていますよね。医療業界内でもかなりの認知度があり有名ですね。そんなエムスリーでも薬剤師求人には力を注いでいます。そのため、薬剤師の求人情報は常時8,000件を備えています。そして年間の薬剤師の転職支援相談数は7,200件を超えていると驚がく的な求人支援実績です。また特にドラッグバリューでエムスリーの注目すべき点としては、「無料日から最短3日での入職」という力を持っているところです。[※平均1~2週間で理想転職先を見つけれるとのこと]、[3ヶ月先、6ヶ月先の転職希望といった転職時期指定も可能です]。エムスリーのメインコンテンツの医療情報の会員登録もしていないなら是非登録はしておいて損はないでしょう。

オススメ度:★★★★★
▼▼▼ 無料転職サポートの申込みはこちら ▼▼▼

ファゲット

ファゲット薬剤師転職
ドラッグバリューでも転職お祝い金系の転職支援サイトはあまり推奨していなかったのですが、最近は逆にオススメしています。昔はやっぱり転職サイトと同薬局グループにループさせるためのひとつの企業の作戦的なものが見え隠れしていましたが、最近の薬剤師転職市場は本当に薬剤師の枯渇が深刻化しているため、本当にお祝い金を積んででも人材確保に動いている経口があります。そんな中「PHGET(ファゲット)」が運営している薬剤師 転職支援サイトはなんと「転職ボーナス」として20万円がもらえます!これも薬剤師という価値の高い資格を保有している特権といえるでしょう!普通に転職してしまうだけでは単純にもったいないですよね。どうせなら転職のお祝い金のようなものがほしいと思う人は、PHGETの転職サイトを使うこともおすすめしています。


オススメ番外編:キーワードは「20万円もらえる!」
▼▼▼ 無料転職サポートの申込みはこちら ▼▼▼

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする