TPP 医薬品業界にどう影響するか(5)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TPP関連の反対派記事の

タイトルはあちらこちらで酷いものがつけれている。

絶対悪アメリカ、断固反対。

といいつつ、

政府として、野田首相がTPPの交渉に参加する方針を固めので、

これから急速にTPP議論は、

参加する、しないではなくて、

これからは、TPPの内容はどうなるのか、

さらに濃い内容が議論されてるだろう。

そう、総理が発言した「交渉に参加する方針」=ここまで来て、参加しませんはありません。

そうやって裏を返していかなくてはいけなくなった。そう考えなくてはいけなくなった。

TPP反対派も参加、不参加の議論が必要だ!

ではなくて、

参加することを過程しての話を

いち早く検討していかなくてはいけない。

メディア戦略で水掛け論をする方や

被害者ぶって、どうこういってる間に

チャンスと感じている人も大勢いる。

頭のネジをもう一度、巻きなおしていかないと

それこそ業界のすべての大敗となってしまう。

TPP参加を執拗に迫った米国 狙いは日本市場の進出にあり【後編】
http://nikkan-spa.jp/81992

[ ドラッグバリューでのTPP関連記事 ]
TPPって医療・医薬品にも関係あるって本当?TPP=医療崩壊?
やっぱりTPP参加は医療現場・医薬業界に影響は否めない。
TPP 医薬品業界にどう影響するか(4)
TPP 医薬品業界にどう影響するか(3)
TPP 医薬品業界にどう影響するか(2)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク