アリセプト(ドネペジル)高度アルツハイマー型認知症の特許訴訟

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エーザイとしては、ほっとしたところですね。

>国内の特許権の存続期間が2013年6月22日まで延長

でも、発売が遅れるということではありませんので、あしからず。。。

>軽度、中度のアルツハイマー型認知症用途

に関しての特許は6月で切れているため、

2011年11月で発売は決まっております。

以前、記事にしましたが、

アリセプト(ドネペジル塩酸塩)ジェネリック医薬品2011年11月発売予定

本当にたくさんできてますよね。

よく、どのメーカー選定をという相談メールを頂きますが、

とりあえず、新規参入メーカーというのは、結局のところ自社工場がありません。

いうなれば、看板だけで販売します。

開発のプロセスや工場の内情などわかっているわけではありません。

基本いつもおすすめするのは、

製造販売元をオススメしてます。

もちろん、原末を管理していることや供給面についても

MRときちんと話をしていればわかってきます。

次に、大手メーカーは下記でいえば、

あすか(武田子会社)
第一三共エスファ
大日本住友
Meiji Seika
田辺三菱
高田(塩野義子会社)
キョーリンリメディオ

こんな感じですかね。。

上記のようなメーカーもおすすめはできます。

やはり大手の力というか、MR数や売上げが一桁、二桁違いますし、

資本力の差があります。

もちろん、製造から販売までやっているのか?といわれると

そうでは無いところが多いとは思いますが、

万が一、供給切れとなっても、

きちんと契約をまいているので、不安要素が少ないですよね。

生粋のジェネリックメーカーの商品はどうなの?

ということになますが、その辺はまたの機会に・・・・・

アリセプトの後発医薬品一覧 2011.11
ドネペジル錠3mg、5mg、細粒、OD、フィルム すべて含む

屋号  メーカー名
「AA」 あすか製薬株式会社
「BMD」 株式会社ビオメディクス
「DK」 大興製薬株式会社
「DSEP」 第一三共エスファ株式会社
「DSP」 大日本住友製薬株式会社
「FFP」 富士フイルムファーマ株式会社
「JG」 日本ジェネリック株式会社
「KO」 寿製薬株式会社
「NP」 ニプロファーマ株式会社
「NPI」 日本薬品工業株式会社
「QQ」 救急薬品工業株式会社
「TCK」 辰巳化学株式会社
「TSU」 鶴原製薬株式会社
「YD」 株式会社陽進堂
「ZE」 全星薬品工業株式会社
「アメル」 共和薬品工業株式会社
「オーハラ」 大原薬品工業株式会社
「ケミファ」 日本ケミファ株式会社
「サワイ」 沢井製薬株式会社
「サンド」 サンド株式会社
「タイヨー」 大洋薬品工業株式会社
「タカタ」 高田製薬株式会社
「タナベ」 田辺三菱製薬株式会社
「トーワ」 東和薬品株式会社
「マイラン」 マイラン製薬株式会社
「モチダ」 ダイト株式会社
「杏林」 キョーリンリメディオ株式会社
「科研」 シオノケミカル株式会社
「興和テバ」 大正薬品工業株式会社
「日医工」 日医工ファーマ株式会社
「日医工」 日医工株式会社
「日新」 日新製薬株式会社
「明治」 Meiji Seikaファルマ株式会社
「EE」 救急薬品工業株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク