ファイザー チャンピックス錠 意識障害 車を運転中に事故の事例も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年にファイザーのα4β2ニコチン受容体部分作動薬(禁煙補助薬)チャンピックス錠が意識障害による車を運転中に事故の事例もニュースが話題になりました。

これにより推奨している医師はたくさんいましたが、チャンピックス錠がこれから少し使いにくい話になりそうです。

喫煙している人がほとんど社会人だったりするでしょうし、通勤で運転される方にはなかなか進められないですね。

これからどう対処していくのか、注視しないといけないですね。

チャンピックス錠の重要な基本的注意の一例

めまい、傾眠、意識障害等があらわれ、自動車事故に至った例も報告されているので、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。[「副作用」の項参照]

という文章が追加されされました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク