マクサルト(リザトリプタン)ジェネリック発売予定時期は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクサルト ジェネリック片頭痛治療剤のマクサルト錠10mgが発売が近づいてきました。片頭痛治療剤のジェネリックといえば、イミグラン(スマトリプタン)ゾーミック(ゾルミトリプタン)と発売されてきましたが、個人的には一番待ちに待っていたのがこのマクサルトです。

マクサルト錠10mg

薬価:945.50円

製造販売(輸入)元:杏林製薬

販売元:エーザイ

片頭痛の薬はどれも薬価が高いことが特徴の一つです。1錠あたり1000円近くある薬剤ということで、ジェネリックを望まれている方がたいへん多いと思います。おそらく半分ぐらい(0.5掛け)ぐらいの薬価になることが予想されています。患者さん負担にとっては大きな節約になりそうです。

リザトリプタン発売予定メーカー一覧

製品名 製造メーカー 包装
マクサルト錠10mg 杏林製薬・エーザイ 6錠、18錠
リザトリプタンOD錠10mg「TCK」 辰巳化学 18錠(ブリスター)
リザトリプタンOD錠10mg「アメル」 共和薬品工業 12錠(ブリスター)
リザトリプタンOD錠10mg「トーワ」 東和薬品 12錠、60錠
リザトリプタンOD錠10mg「ファイザー」 ファイザー 6錠、18錠

発売メーカーは4社と少し寂しい感じはします。各社の包装はバラバラです。先発品にある6錠包装はファイザーにしかないです。このあたりは一番使い勝手がいい、6錠包装にニーズが集まるような気がします。意外と東和薬品が用意した60錠という大包装のニーズも現場にはありそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク