ジェネリックバブルはいつまで続くのか?ジェネリックメーカー2016年度売上実績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各社決算発表が順次行われ始めています。ジェネリックバブルといわれている最中ではありますが、今分かる範囲での情報をメモ書き程度に残しておきます。

売上 2016年 2017年 前年比
日医工 143,513 163,372 13.8%
沢井製薬 123,492 132,428 7.2%
東和薬品 82,115 84,949 3.5%
ニプロ医薬 71,080 79,057 11.1%
日本ケミファ 35,602 35,689 0.2%
富士製薬 16,836 17,324 2.9%
キョーリンリメディオ 15,465 25,024 61.8%

1000億円の大台を超えている、日医工と沢井製薬もバブル風を吹かせて順調に売上を伸ばしています。沢井製薬も計画が未達成だったことからかなり苦戦をうかがわせています。

業界3位の東和薬品はここ数年トップ2社と大きく引き離れ始めて、差を埋めるべきよう動いていたと思いますが、前年比3.5%というのは戦略的に問題が生じているように感じます。

あとは、杏林子会社のキョーリンリメディオが大きく売上実績を伸ばしています。杏林製薬からキプレスAGを受け継いだことが最大の理由です。(キプレスAG;82億円)

今回、7社を比べてみて、その内3社は10%以上の売上アップをしていますが、その残りの4社は10%もかなり下がります。ギリギリ前年度割れしていない程度に留まっているケースもあります。

こう見るとジェネリックバブルという言葉は終息し始めているかもしれません。政府目標の後発品80%以上になるまでに、ジェネリックメーカーの生き残りはさらに熾烈なものになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク