世界第2位テバが国内3位の大洋薬品を買収 買収金額は370億円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内製薬メーカーはなぜ狙わなかったのか?
それとも大洋薬品側が海外を選んだのか?
国内市場は国内メーカーがもっと奮起してもらいたいと思うんだけど、
そうは簡単にいかないのか・・・
テバが買収とでてるが、どうして、興和の名前が無くなってしまったのか?
その辺りの意味がよくわからない。
あとは、今後、ジェネリック医薬品売上げ 
世界2位 1兆3000億円のテバが国内戦略をどう進めるのか?
ちなみに、国内第1位の武田薬品の売り上げは1億5000億円(2009年度)
また国内製薬メーカーの再編はどうなるのか?
来年度は業界が激しく動きそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク

コメント

  1. はるさめ より:

    テバと興和テバは別ものなんですよ。
    興和テバは、テバと興和の合弁会社なので。
    テバは大元です。会社の規模からいって、興和テバより大洋の方が上に位置づけされるかもしれませんね~さて、どうなるんでしょう。

  2. フジムラ より:

    そういえば、合弁だったですね。
    国内のイメージ的にはテバ=大洋より、興和を挟んだ方が良いとも思うですが、完全子会社を目指すためにはそうはいかなかったということですね。
    大洋の代表も大洋薬品の名前をすぐに無くすということは名言しなかった・・・この辺りがなんとも微妙なところですね。