興和テバ 大洋薬品買収へ動き出す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的に大洋薬品は受託の道へ入り、興和テバというところは全面的にブランドで
ジェネリック業界へ切り込んでいくという形で決まったということですかね。
ラインナップとしては、ジェネリック随一の大洋薬品
ただ、数々の問題を重ねてきて近年ではジェネリックの追い風をうまく利用できてないともいわれてました。
M&Aの噂も問題を起こしてからは、たくさん業界内では飛び交っていて、ようやく着地点が見えてきたというところか???
日医工とサノフィとの提携を発表したし、国内ではあとは沢井や東和、富士製薬といった上場企業が次の一手を模索しているのか、もう準備されているのか?
沢井の場合はキョーリンのM&Aが失敗に終わっているので、一歩も二歩も出遅れているかもしれない・・・
とすると、東和あたりが?におう雰囲気だが、業界内でも完全独自路線でやっているので、今更資本力勝負にでるとは思えないし、富士製薬も順調そうで強い広がりを感じられない。
やはり今回のような外資の勢いがますばかりか?
サンドや共和薬品を買収したルピン、あとザイダスといった外資系がどういった行動を起こすか?
もつれもつれで、どこまでいくのか?
こうも次々と話が出ている中で、いつも思うのが、
なぜか、国内企業同士のM&Aは進みが悪い。
やはり、大手先発企業は後発メーカーを買うというのは野蛮行為に思われるのか?
今までの歴史を優先させるのか?
それともメーカーとしての生き残りを模索するのか?
早い決断が必要だろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク