オーソライズド・ジェネリック 日本初(アレグラ錠:フェキソフェナジン塩酸塩錠)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレグラ錠60mg

前回、マイスリー、パキシル、ニューロタンの

ジェネリック医薬品発売予定メーカーの一覧を掲載しました。
・マイスリー (アステラス) 後発品を承認した製薬メーカーは35社
・パキシル (グラクソ・スミスクライン) 後発品を承認した製薬メーカーは30社
・ニューロタン (MSD) 後発品を承認した製薬メーカーは35社

上記3点に見劣りしない商品の後発品が発売予定しています。。。

皆さんもすでにお耳にしていると方も多いかとは思いますが、

日本初のオーソライズド・ジェネリック(AG)として、

「アレグラ錠30mg、60mg」のジェネリック医薬品が

日医工サノフィとして、

2012年5月に発売する可能性があるといわれています。

■アレグラ錠30mg、60mg(フェキソフェナジン塩酸塩錠)ジェネリック医薬品承認
もともと今回の2012年2月に承認を取るのか、取らないのか、その動向が注目されていました。

またその後も本当に承認を取っても、販売するのか、しないのか?

意外と煮え切らない反応というべきなのか、戦略的にいわないのか、、、

現時点ではあまりその辺の情報はいってきていません。

でも、承認したということは=販売とみていいですよね。。。

また、先ほどからでてくる「オーソライズド・ジェネリック(AG)」とは、

先発メーカーが子会社や提携企業に販売権を与え、

他の後発品メーカーよりも先行に販売をさせ、

先発メーカーの利益を守るという思惑があります。

ただ、ここでAGをスタートさせることは、日本では初であり、

日本の薬価制度、薬価政策状、本当に有利に働くかどうか

まだまだ国内では見定めが必要だともいわれています。

先行独占できる日医工は、願ったりかなったりな話でしょうし、

サノフィ側からすれば、きちんとシェアを日医工が取ってくれるか不安があるでしょうね。

吉とでるか、凶とでるか、楽しみですね。

フェキソフェナジン塩酸塩錠30mg「SANIK」 日医工サノフィ・アベンティス株式会社
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「SANIK」 日医工サノフィ・アベンティス株式会社

スポンサーリンク