行政刷新会議 主要概要を整理してみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいニュースで飛び込んでくるほとんどが、

2012年4月の医療改正についてです。

少し、概要を整理してみると。

>・長期収載品(後発品が発売された先発品)は薬価を大幅に下げて、後発品との薬価差を減らす

長期収載品といわれる医薬品だけが頼みの綱となっているメーカーも多々あるでしょうから、

国内のトップメーカーであろうとも、戦々恐々としているでしょうね。
2009年の記事  http://www.nsjournal.jp/news/n……?id=185101
長期収載品の割合(みずほ証券予想)、(主な長期収載品)
 武田薬品(4502)、32%(タケプロン、ベイスン)。
 アステラス製薬(4503)、21%(ハルナール、ガスター)。
 第一三共(4568)、54%(メバロチン、ロキソニン、オムニパーク)。
 エーザイ(4523)、16%(セルベックス)。
 中外製薬(4519)、16%(アルファロール、シグマート)。
 田辺三菱製薬(4508)、40%(アンプラーグ、タナトリル)。
 大日本住友製薬(4506)、69%(アムロジン、メロペン)。
 塩野義製薬(4507)、37%(フロモックス、塩酸バンコマイシン)。
 小野薬品(4528)、85%(オパルモン、オノン、キネダック)。
 久光製薬(4530)、94%(モーラステープ、モーラス)。
 協和発酵キリン(4151)、34%(コニール、デパケン)。
 大正製薬(4535)、70%(クラリス、パルクス)。
 参天製薬(4536)、66%(ヒアレイン、フルメトロン)。
 日本新薬(4516)、58%(ハイペン、ガスロンN、セレクトール)。
 キッセイ薬品(4547)、55%(ベザトール、ウテメリン)。

久光や小野といったメーカーでは、85%以上と高い状態なので、

新薬をいまさら発売することも、あまりかんがえられないでしょう・・・

厳しいとしかいいよがないです。

>・ビタミン剤や市販品類似品については自己負担割合の引き上げ

自己負担割合を上げるとなると、これは窓口で面倒なことになりそうですよね。。

市販品類似品というのは、ドラッグストアや薬店で購入できる医薬品は
(ロキソニンSやアレジオンやガスターなど)

今後は、医療保険は使えませんということなでしょうかね。。

これも、かなり厳しい話ですね。

この話も結局のところ大手製薬メーカー=長期収載品を多くもっているところは苦しい

ということにつながってくるでしょうね。

>・ジェネリック医薬品促進のロードマップ

これがジェネリックについての最終的な提言となるでしょう。

ある意味ジェネリック医薬品ブームの一番の盛り上がりでもあり、

2013年、2014年あたりからは下り坂となるでしょうね。

>・先発品薬価と後発品薬価の差額の一部を自己負担

これも、窓口で説明するには、ややこしい。

結局、価格に対して説明することが、病院側の仕事なのかということになってくる。。

かといって、調剤側に担うことはできるのか?

もう少し、わかりやすい仕組みが必要でしょうね。

>・医師・薬剤師から主な先発品・後発品のリストを患者に提示する義務

義務化。。。。?

この言葉が引っ掛かりがあります。

案外、2012年4月で採用されるのは、これなのかもしれません。

そもそも、薬剤リストを提示し、わかる人がどれくらいいるのか?

熱がでていて、つらいときに、100円、200円負担が減りますが、、、

という話よりは、1分でも2分でも早く会計を終わらせて、

家に帰らせることが大切なのではないだろうか・・

市販品類似品 一部医療保険対象から除外検討も
http://news.searchina.ne.jp/di……_007.shtml

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク