日本調剤 所得隠蔽で追徴金7億円 と品切れ、自主回収情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本調剤が東京国税局の税務調査を受け

4年間で21億円の所得を隠蔽

追徴課税は7億円

日本調剤の子会社 日本ジェネリック(医薬品製造販売)へ資金まわしたことに対して課税を問われたようす。

実際、ジェネリック業界の中での7億円はかなりいたいのではないでしょうか?

特に日本調剤が運営する日本ジェネリックは後発メーカーと謳いながら製造を行っていないともいわれています。

となれば、よそのメーカーからOEM商品をまわしてもらっていただけ・・・仕入れて売ってるだけ。

製造から販売までやってようやくうまみのある医薬品業界。

安売り風習の強いジェネリック業界で利益がでるとも思えないですし、

この追徴金の7億円がどう響いてくるのか、興味がありますね。。

++++++++++
欠品情報
セキトン点眼薬0.05% (キョーリンリメディオ)
トラニラスト点眼薬0.5%「サワイ」 (沢井製薬)
レボカバスチン点眼薬0.025%「サワイ」 (沢井製薬)

+++++++++
自主回収
閉経後乳がん治療剤
エキセメスタン錠25mg『NK』(日本化薬)
エキセメスタン錠25㎎『マイラン』(マイラン製薬)
+++++++++
どれも後発ばっかりですね。

まぁーいつものことといっていいでしょうが、たまらんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク