風邪薬などで皮膚障害 死亡事例も 原因不明で深刻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪薬などの副作用で起きる皮膚障害「スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)」とその症状が悪化した中毒性表皮壊死症の死亡報告が、今年1月までの2年半で131人に上ったことが、厚生労働省のまとめで28日までに分かった。

SJSは10年以上前に問題化。厚生省も添付文書へ副作用として追記するよう指示は出しているが、発症のメカニズムが依然として不明で、被害は深刻なままなのが現状。

厚労省が2009年8月〜2012年1月の製薬企業からの報告を集計した結果、SJSと中毒性表皮壊死症の副作用被害は1505人で、このうち約57%は回復し、8.7%の131人が死亡した。SJSの原因と疑われている薬のうち抗てんかん薬、解熱剤、抗生物質がそれぞれ200例以上あり、一般用医薬品の風邪薬も504例あった。専門家が因果関係は薄いと評価した事例も含んでいる。前回集計の2005年10月〜2009年7月では2370人中239人が死亡している。

スティーブンス・ジョンソン症候群は、皮膚や粘膜の過敏症である多型紅斑の一種で、唇や目の結膜などに、それぞれ発疹などができ、重症化すると広範囲に及び、多臓器に障害が生じ、死亡することもある。また、高熱を伴い、失明する事もあるという。原因がウイルスの感染、薬剤の副作用、悪性腫瘍などと言われているが、現在原因は不明であり、発生頻度は年間で100万人当たり数人と極めて少ないため、皮膚科の医師でも診断が難しいことが、この病気の怖い所だ。早期発見、早期治療が求められている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク