調剤薬局 医薬品卸との取引条件に納入価が安価を求めている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢野経済研究所の医薬品流通に関する調査結果

調剤薬局もチェーン化し、組織化してくると

薬価差での収益を柱にしていかないと駄目なでしょうか。

数年前であれば、処方箋枚数だけを追求すればいい話なのが、調剤薬局だったのですが、

なんとも世知辛い話のひとつ。

また、本日のリスファックスのTOPの見出しに

>薬局は「技術料1.5兆円」に値するのか
>武田参事官 医薬分業を一刀両断、社会的責任「自覚足りない」

院外処方率が全国で6割をこえてきているからこそ、

これから要求されることの重みは計りきれないところです。

さて、調剤薬局の今後10年先をどうみるか、あたなの意見をきかせてください。

調剤薬局チェーン/医薬品卸の選定理由「納入価が安価」
http://www.ryutsuu.biz/strateg……10505.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク