薬剤師の初任給はいくらが妥当なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師 新入社員
ツルハホールディングスのくすりの福太郎が薬歴を約17万件記載してなかった。
17万件分の不正請求とは大きなニュースとなっておりますね。
返金となればかなりな金額になりそうですね。。やれやれですねーー

さてさて、ちょっと暗いニュースからスタートしましたが、
今日は薬剤師さんの初任給についてすこし書きたいなと、
今現在、薬剤師の初任給は平均26万~28万円といわれています。
調剤やドラッグ、病院など勤める場所によっては、
初任給から30万円という場合もあるといわれています。

薬局経営側からすればたまらない話ですが、
薬科大学がない県や過疎化が進む田舎だったら
給与で薬剤師を呼び込むしか方法がないですもんね。
本当に悪循環のように思えますね。

しかも、知らぬ間に全国の分業率は70%を超えました。
調剤薬局の数は55,000店舗を超えました。
ご存知のとおりこれはコンビニより多いです。
※コンビニの数は現在54,000店舗

薬剤師の数が確か30万人(休職者も含む)だったと思うので、
半数以上は調剤薬局に勤務している人ばかりなのでしょうね。

まー薬局の拡大もあと数年までの話でしょうしが、
数年間は薬剤師の価値は上がる一方でしょう。

またそれ以上に薬局のグループ化が加速していくことでしょうから、
こうなってくるときに薬剤師さんがどういった動きになるかは注目すべき点でしょうね。

製薬メーカーと同じように買収する側、買収される側、
どんな企業も同じ、買収される側は冷や飯を食べる事は間違いないでしょうからね。

そのころの薬剤師の初任給はどうなっているのでしょうか・・・・

今の薬剤師の平均年収:533万円
さてあなたはこの金額より多いですか?少ないですか?笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク