病院薬剤部の情報源はMRからネットへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな見出しを見てしまうと、MRも生き残りが今後厳しくなるのだろうと感じてしまう。

ミックスオンラインでの記事内では、医薬品の情報入手はMRからが「90%」

2番目に企業の講演会や勉強会などからが「67%」

しかし、角度を変えて、最近増えている医薬品情報の入手路は?という問いに関しては、

メーカーホームページが「47%」、MRからの情報入手は「36%」に留まった。。

時代の流れとして製薬メーカーも捉えていかなと、一気に時代に遅れてしまいそうな話です。

ipadの支給をしているメーカーMRさんも増えましたが、

使い方になじめない方も多くいらっしゃるのもお見受けします。

結局のところツールはたくさん出揃ってきていますが、

使いこなさせるレベルでいえば、MRも薬剤師などの医療関係者もそんなに大差がないのでしょう。

医療関係者からすれば、必要な情報が、必要なときに製薬メーカーホームページで

すぐに見つけれるようにする方が、実はユーザーは満足するのでしょうね。

MRさんの、これからは

「当サイトの右サイドバー付近に「○○○錠」の情報が掲載されているので閲覧してください。。。」

こんなMRばかりになるのかもしれませんね。

こんな風になるなら、MSさんで十分な話ですね。。

====

日医工が韓国の製薬メーカーに委託製造をさせるようです。

韓国産の医薬品が出回るのでしょうかね。。

日医工が自社で作らなくなるということは、すべてのジェネリックメーカーも同じことになるのでしょうかね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク