田辺三菱製 インドネシアでリバロ錠を販売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田辺三菱製薬の連結子会社であるタナベインドネシアは、5月1日、興和株式会社とのライセンス契約に基づき、インドネシアにおいて、高コレステロール血症治療剤「ピタバスタチンカルシウム(一般名、ピタバスタチン)(日本販売名、リバロ錠)」の販売を開始した。

ピタバスタチンは、日産化学工業株式会社が原薬を創製、製造し、興和株式会社によりグローバル展開が実施されている薬。長期使用での安全性、糖尿病合併時の有用性などが確認されている。国内では2003年7月に製造承認を取得し、同年9月より販売を開始。2010年度にはリバロ錠の売上高が450億円に達した。

興和株式会社は、100年を越える歴史を持つ企業で、医薬品から繊維や機械、建材、電機光学製品にいたるまで多岐にわたり事業展開している会社。医薬品事業部は、ピタバスタチンを核として、アメリカ、欧州、アジアを拠点にグローバル展開しており、2011年5月にはスペイン、2012年2月にメキシコと、医薬品の販売を開始している。今回のインドネシアで、10カ国目の上市となる。

田辺三菱製薬も海外医薬品事業展開の推進を目指し、米欧で腎領域治療薬の上市に向けて展開しており、アジアでは事業基盤の強化と自販品目の拡大を推進している。2011年度決算は、売上高が前年比マイナス0.6%の4071億円。海外医療用医薬品もマイナス28億円となるなど厳しい状況で、アジア市場拡大は医薬品業界での生き残りをかけた必須課題である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク