無償代行配送禁止 MS朗報だけど、薬局側はたまらん話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題視はされていたけれど・・・暗黙のルール的なところでしたよね。。

長くやっている古株の調剤薬局やチェーン調剤薬局などには全国的に多く見られる話のではないでしょうか??

ちなみに、無償代行配送というのを知らない人のために
参考アドレス
http://cocoyaku.jp/news/?actio……ws_id=6143

簡単にいえば門前クリニック以外の医薬品の在庫が薄い薬局は、

どうしても、近隣の薬局同士で分割医薬品もっと簡単にいえば、医薬品の貸し借りを行なっている。

そのとき、薬剤師が近隣薬局へ医薬品を必要な分だけ買取に行くのなら問題はないのだが、、医薬品卸業者=MSに頼んでいたということ今回が問題となった。

薬局側と医薬品卸という取引の風上と風下の関係上、卸側は断ることができない。

もちろん、逆にそういうことを頼まない薬局も多いが一部の薬局に限った話とはいえ、MSにはかなりの労力を要した話だったと予想される。

冷静に考えればかなり、危ないことをしているといえますよね。

向精神薬を扱う場合もあるし、抗がん剤やさらに緊急性の比較的に高い医薬品など・・・

そういった薬を貸し借りしたり、MSが預かったりした場合に事件や事故があった場合、、誰が一番損をするのか?

これで全国的に動きがあるのは時間の問題でしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク