来年度もジェネリック医薬品はゾロゾロっと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士経済のプレスリリースの内容を読んでいると・・

ジェネリック医薬品市場は
2010年に前年比11.1%増の4,401億円、
2011年に同10.6%増の4,868億円が見込まれる

2010年と2011年を比べるとなぜか微妙に2011年のが下回っている??

しかし、伸び率は堅調かつ、来年度の勢いはさらにましてくるだろう。。

ブロプレス ネシーナ
>「ブロプレス」(武田薬品工業)や「ディオバン」(ノバルティスファーマ)といった上位2ブランドのジェネリック医薬品が近く発売される

以前より、噂されていましたが、

ブロプレス、ディオバンも2012年?もしはく2013年?には後発品がゾロゾロっと発売されそうですね。。

近々でいえば、2012年6月に、パキシル、マイスリー、ニューロタンがでてくるわけですし、

さらに、2012年11月ごろには、アレロック、アレグラ、ガスモチンあたりも発売されるとか、なんとか、

ほとんどジェネリック医薬品が発売されて、

病院内採用率もまだまだ上がると考えて間違いないでしょう。

ここまでくると次の医療改正

2014年には、強制的にジェネリックを使用しなさい!

という、お札もでてきてもしかたがないんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク