日本ジェネリック製薬協会 各メーカーのジェネリック医薬品供給状況の情報を公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これってすごくよくないですか!?

日本ジェネリック製薬協会がジェネリック医薬品の安定供給と品質確保、情報提供の推進を行うための一環より、団体に所属しているジェネリック製薬メーカーの医薬品供給情報を同サイト内で公開している。

突然の品切れや供給停止、最悪の場合は製造中止ということが後発品には多々ありますが、こういう取り組みが進むことで、改善されていくといいですよね。

<安定供給特別チームの検討結果に基づくさらなる安定供給への取り組み>
1.「品切れ防止のための留意点」に基づき、品切れの防止を図ります。
2.さらに、ジェネリック医薬品の安定供給に支障が生じる恐れのあるレベルを設け、各
社そのレベルに達しないよう努めます。
3.仮に供給上の問題が生じ流通上の混乱が生じる恐れのある場合は、当該情報を当協会
のホームページで提供するとともに、医療機関、卸の関係者の皆様に対して正確な情
報を迅速にお伝えします。
4.会員企業間の横断的な連絡を円滑に行い、相互に協力して供給不安を解消するよう努
めます。
5.「品切れ防止のための留意点」を基に、各社の製品の需要動向に応じた安定供給マニ
ュアルを作成します。

日本ジェネリック製薬協会 製品の供給状況について
http://www.jga.gr.jp/system/supply.html

ところで、現時点での供給状況はどうでしょうか??

エパデールの後発品がどこのメーカーも集荷調整中で供給不安定のようですね。去年からずっとエパデール後発品はこんな感じですよね。。。
(イコサペント酸エチル 該当メーカー:沢井、日医工、共和、辰巳、東洋カプセル)

あと気になったのは、フロモックス細粒の後発品、これも該当メーカーが多いです。
理由もかなりおそまつ、製品回収による集荷停止。最悪ですね。
(セフカペンピボキシル塩酸塩 該当メーカー:日医工、日本ジェネリック、陽進堂、長生堂、辰巳、マイラン)

でも、こういう情報ってきちんと公開されてこなかったので、本当に良い取り組みだと思います。もちろん後発品を扱うメーカーだけではなく、先発品を扱うメーカーも今後は取りくんでいってもらいたいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク