日本ジェネリック医薬品販社協会会長交代 三浦氏に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ジェネリック医薬品販社協会(東京都)は8日、新しい会長に副会長の三浦忠一郎氏(日医工山形社長)が就任すると発表した。現在の会長である江口博明氏(西部沢井薬品代表取締役)は名誉会長になる予定。

世代交代の時期と判断し、今回の会長交代となった。江口博明氏は5期10年にわたり会長職を勤めた。三浦氏は、副会長として長きに渡り江口氏を支えてきた経緯もあり今回の就任となった。今後、政府への働きかけなど、日本におけるジェネリック医薬品の普及に尽力する予定。

日本ジェネリック医薬品販社協会は、ジェネリック医薬品卸の全国組織でジェネリック医薬品の正しい理解と使用促進を推進している団体。

賛助会員メーカーは以下の通り
(株)イ セ イ
大原薬品工業(株)
共和薬品工業(株)
小林化工(株)
沢井製薬(株)
全星薬品工業(株)
テバ製薬(株)
ニプロファーマ(株)
辰巳化学(株)
鶴原製薬(株)
キョーリンリメディオ(株)
東和薬品(株)
日新薬品(株)
日医工(株)
(株)陽 進 堂

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク