日本ケミカルリサーチ(JCR) 骨髄から医薬品 15年に販売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

製薬中堅の日本ケミカルリサーチ(JCR)は、2014年に健常者の細胞からつくる細胞医薬品の承認取得をめざし、2015年にも発売する。

細胞医薬品は、骨髄から幹細胞を取り出し培養してつくる医薬品。細胞そのものを患者の体内に入れることで免疫機能系の病気に有効な新薬、具体的には骨髄移植後にかかる重病の治療が出来ると期待されている。来年中に臨床試験を終え承認申請し、2015年に神戸市内の工場で生産し、販売する予定。

世界で初めて販売承認を取得した米バイオベンチャーのオサイリス社と日本ケミカルは、ライセンス契約をしている。25日には、この報道を受け日本ケミカルの株が44円高の770円まで上げて急反発している。

日本ケミカルリサーチ株式会社(JCR Pharmaceuticals Co., Ltd.)
所在地  兵庫県芦屋市春日町3番19号
代表者  取締役会長兼社長 CEO兼COO  芦田 信
設立   1975年9月13日
資本金  90億6,186万円
売上高  単体140億円 連結143億円(2010年3月期)
純資産  単体205億円 連結204億円(2010年3月)
総資産  単体288億円 連結291億円(2010年3月)
従業員数 384名

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク