日本の医薬品売上2014年1月~12月 速報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アバスチン1000億円突破

ミクスオンラインの方で医薬品の国内市場の
ニュースがあったのでチラチラと読んでいると、
抗がん剤アバスチンが売上1000億円突破という見出し
1000億を超える商品って最近はプラビックスぐらいではないでしょうか?

ざっくりニュース内容をまとめると
・消費税や薬価改正の影響もろに製薬企業は受けた
・後発がでたブロプレスは4割減、ディオバンは6割減
・前年と医薬品品目トップ3の製剤は「薬効領域」がガラリと変わった
・国内メーカーのトップ3武田薬品、アステラス、第一三共
・外資系は国内メーカーよりも躍進、ヤンセン、中外、ファイザー

2014年1月~12月 国内市場 医薬品品目別ランキング
1位プラビックス(サノフィ)
2位アバスチン(中外)
3位オルメテック(第一三共)
4位レミケード(田辺三菱)
5位ブロプレス(武田)
6位モーラス(久光)
7位ネキシウム(アストラゼネカ)
8位ジャヌビア(MSD)
9位リリカ(ファイザー)
10位ミカルディス(ベーリンガー)

プラビックスが今年の6月のジェネリックが発売するといわれていますよね
そして、オルメテックやミカルディスといったARBもそろそろ特許が切れてきそうですね。
1年単位で医薬品商品ランキングは変わっていくというか、脱落していきそうです。

スポンサーリンク