後発医薬品調剤体制加算届出薬局数

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面白いデータがプレスリリースされていたので、ご紹介

後発加算の届けを出している調剤薬局の都道府県別に割合がわかります。

興味のあるかたはこちらへ
↓↓↓
http://www.ultmarc.co.jp/contents/pdf/130415_newsrelease.pdf

東京都で6,078件の薬局があり、その内後発医薬品調剤体制加算届を出している薬局が3,156件とのこと。

そして、その内訳は、
後発割合
22%=1,304
30%=835
35%=1,017

という結果。

全国的にも30%台が少なく、22%か35%どちらかに偏っている傾向が強いみたいです。

後発加算を積極的に取得していくと決めたところは、30%から35%台へ目指す傾向が強いってことなのでしょうね。

今後、ジェネリックシェア60%が目標設定といわれています、

おそらく、後発加算の指数は大幅に引き上げられていくでしょうから、ボーダーラインが60%前後ということは

どこの調剤薬局も後発品の量は今の2倍、3倍にしていかないといけないですね。

在庫量のがパンパンになりそうで怖い話ですね。。。

=====回収情報
2013/4/24(クラスII)
東和薬品
ラニザック錠75
ラニザック錠150

対象ロット、数量及び出荷時期

(1)ラニザック錠75
   対象ロット  包装形態       数量        出荷時期
   B034   PTP100錠    7658箱     平成24年12月19日
   B034   PTP1000錠   773箱      平成24年12月19日
   B035   PTP1000錠   778箱      平成24年12月20日

(2)ラニザック錠150
   対象ロット  包装形態       数量        出荷時期
   B081   PTP100錠    7602箱     平成25年1月17日
   B082   PTP1000錠   775箱      平成25年1月17日
   B083   PTP1000錠   772箱      平成25年1月18日
   B084   PTP1000錠   776箱      平成25年1月18日
   B085   PTP1000錠   763箱      平成25年3月21日
   B086   PTP1000錠   770箱      平成25年3月21日
   B087   PTP100錠    1928箱     平成25年3月21日
   B087   PTP1000錠   577箱      平成25年3月21日
   B088   PTP100錠    7797箱     平成25年3月21日

回収理由

原薬「ラニチジン塩酸塩」に関し、製造販売承認書に記載されている製造方法のうち、中間体について他の中間体製造業者にて製造されていることが発覚したため、「ラニザック錠75」「ラニザック錠150」の対象ロットを自主回収することを決定致しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク