富士フィルムHDを大前研一が語っていた記事を読んで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フィルム

富士フィルムはほんとうに、いろいろとテレビCMでも賑わしていますよね。。

松田聖子や中島みゆき、小泉今日子・・・などなど

富士フイルムホールディングスの特集記事を目にしました。

カメラにフィルムにプリンタ、化粧品、

そして、医療機器と医薬品。

大きなキーワードを並べるだけで、

業種を飛び越えるし、その業界内を大きくシェアを持っている。

さすがの一言しかないですね・・・

しかし、数年前は富士フィルムも

かなりの危機から乗り越えたからこその

今の多角的な戦略がある。

大前氏が指摘していたのは、、

・HDグループの見直し
・大規模なリストラ
・医薬品のM&A
・化粧品やサプリメントへの参入

悪くなった今の現状に対して自己否定できたことで、

大きく改革を行えたことがいえるそうです。

また、富士フィルムが大きな危機を乗り越えたのは、

最大の要因は約2兆円の内部留保を持っていた。

今の製薬メーカー内で飛躍的に伸びている製薬メーカーほど多角的に戦略を行っていると思います。

これぞグローバルな目線からみれば、正しい企業の形態といえる時代なのかもしれませんね。

もしくは、ギリギリのところまでは製薬メーカーも内部留保としてお金を貯めているのか、

逆に切り崩しているのか、、、、想像すると怖いですね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク