富士フィルム+キリンがバイオで合弁会社 今週は目白押しで困ります。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオ後発薬で合弁会社を設立するようです。

バイオは開発費用が高いとのことで、

純粋な後発メーカーはバイオ開発に意欲を見せるところは、

少ないですが、

逆にいえば、資本を持っている外資系などは

積極的にバイオ参入を表明しているなか、

国内ジェネリック市場へ向けて、

一石を投じたのが、今回の富士フィルムと協和発酵キリンとなりました。

バイオ市場がどれくらいを予想されているか、

あまりわかりませんが、

ジェネリック医薬品についで市場が拡大するのが、

次世代がバイオ医薬品といわれてます。

そもそも、そのバイオ医薬品ってなに?

バイオシミラーとは?

簡単に言えばバイオ医薬品に対する後発品であり、後発生物製剤などと訳される。
http://www.nsjournal.jp/column……&id=218288

よくわからんので、上記アドレスを読んでみてください。

ジェネリックと違いバイオシミラーだと開発費用がかかりすぎる。。

うーん、この流れが正しいものなのでしょうか。。。

富士フイルムと協和発酵キリン、バイオ後発薬で合弁会社
http://www.jmrlsi.co.jp/mdb/wb……17-03.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク