大正製薬社長交代 長男が昇格

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大正製薬ホールディングス(HD)は5月11日、中核の事業会社である大正製薬の会長兼社長を務める上原明氏(71)が社長職を離れ、後任に長男の上原茂副社長(36)を昇格させるトップ人事を発表した。6月28日付けの予定。上原明氏は代表権のある会長にとどまり、大正製薬HDの会長兼社長を続ける。上原茂氏は、大正製薬HDの取締役副社長を兼任する。

上原茂新社長は、1976年5月生まれの36歳。東京都出身。00年3月慶応義塾大学商学部卒業、同年4月大正製薬に入社。06年大正冨山医薬品の営業本部副本部長、07年大正製薬取締役、医薬事業グループ副統括、09年取締役副社長を歴任してきた。

上原茂氏は、「医薬品業界の環境変化に的確に対応するため、スピード感のある経営を心がけてまいります。また、安定的に成長し続けていく企業を目指し、長期的な人材育成を図ってまいります。今年度は大正製薬の創業100 周年にあたります。100年続いてきた伝統をじっくりと見直し、守るべきものは守り、変えるべきものは変え、次の100年も事業が続くように努力したい。大正製薬の原点である顧客志向と合理的思考を追求していきたいと考えております」と抱負を語った。

上原明氏が大正製薬社長に就任したのは、1982年。今年、創業100周年を迎えるのを機に、30年ぶりに社長を交代する。

大正製薬ホールディングス株式会社
◆設立  2011年10月3日
◆本社  東京都豊島区
◆資本金 300億0000万円

大正製薬株式会社
◆設立   1928年
◆資本金  298億400万円
◆売上高  連結 2686億3200万円 単体 1973億2200万円(2011年)
◆従業員数 連結 5622人 単体 3541人(2011年)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク