協定:災害時の医薬品確保で結ぶ--卸業協会と鳥取市 /鳥取

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

http://mainichi.jp/area/tottor……0000c.html

協定:災害時の医薬品確保で結ぶ--卸業協会と鳥取市 /鳥取
 鳥取市は4日、災害時における医薬品確保について県医薬品卸業協会(西村政治会長)と協定を締結した。協定は東日本大震災を受けたもので、災害発生時に同協会が医薬品の確保・配送を行う。また同市が他自治体の災害支援をする場合も同協会が医薬品を供給する。

 この日は協定の締結調印式が市役所で開かれ、竹内市長と西村会長が協定内容について確認し合った。竹内市長は「災害時にはけがや伝染病などの事態が予想される。医薬品の確保は、市が目指す安心・安全のまちづくりにつながる」と歓迎。西村会長は「市民を守れるのは医薬品で、医薬品を隅々まで届けられるのは卸業だけ。市民の不安解消のため災害時は全力を挙げて支援したい」と述べた。

 同協会には、県内の医薬品卸業5社が加盟。各都道府県の協会とのネットワークが最大の強み。【加藤結花】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク