医薬品第一部会12月2日の審議報告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・バイエル薬品
イグザレルトはファクターXa阻害薬 「非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中および全身性塞栓症の発症抑制」の適応。

・武田薬品
アジルバは、アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)として国内では7成分目 

・アステラス製薬
特発性レストレスレッグス症候群治療薬レグナイト(ガバペンチンエナカルビル)

・塩野義製薬
持続性がん疼痛治療薬オキファスト注の剤型追加

・大塚製薬
統合失調症治療薬エビリファイの「双極性障害における躁症状の改善」の適応追加と口腔内崩壊(OD)錠の剤型追加

・ノバルティスファーマ
免疫抑制剤サーティカンの「腎移植における拒絶反応の抑制」の適応追加

・千寿製薬
緑内障および高眼圧症治療薬アイファガン(ブリモニジン)

・MSD
C型慢性肝炎治療薬ペグイントロン・レベトールの「併用によるC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」の適応追加。

・サノフィ・アベンティス
抗血小板薬プラビックスの「経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患(安定狭心症、陳旧性心筋梗塞)」の適応追加

・中外製薬
カイトリルの「放射線照射に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の適応追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク