医薬品国内製造委託企業 市場規模4900億

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法改正によって医薬品の受託がどんどん進んでおります。

調査結果によると、

2010年度の医薬品製造受託市場規模は

4,900億円

今なお、高い伸長率は継続しているそうです。

意外にも、ジェネリック市場よりも大きいんですね。

震災の影響でよりアウトソーシングで委託する企業も増えているそうなので、

製造工場を持っているというのも

ひとつのブランドができるかもしれませんね。

[医薬品製造受託企業]
秋山錠剤、科薬、廣貫堂佐藤薬品工業、シミック、昭和薬品化工、ダイト、アールテック・ウエノ、アイロム製薬、アピ、アルフレッサファーマ、池田模範堂、伊丹製薬、岩城製薬、宇治製薬、エール薬品、大石膏盛堂、大木製薬、大蔵製薬、、大阪製薬、大原薬品工業、沢井製薬、サンケミファ、三生医薬、サンド、三宝製薬、滋賀県製薬、至誠堂製薬、ジャパンメディック、新新薬品工業、新生薬品、翠松堂製薬、生晃栄養薬品、全星薬品工業、第一薬品工業、大晃製薬(有)、大昭製薬、、大毎代理部薬品部、ダイヤ製薬、大和化成工業、大和製薬、、タカミツ、辰巳化学、田村製薬、大峰堂薬品工業、岡山大鵬薬品、笠野興産、、カナエ、東菱薬品工業、東北ニプロ製薬、東洋カプセル、東洋製薬化成、東和薬品、常盤薬品工業、長野県製薬、日興製薬、日清ファルマ、日東薬品工業、ニプロジェネファ、ニプロパッチ、日本アルツ製薬、、日本凍結乾燥研究所、日本薬品、日本薬品工業、寧薬化学工業、万協製薬、日野薬品工業、ファーマパック、福地製薬、富士化学工業、富士カプセル、藤永製薬、、フヂミ製薬所、芳香園製薬、堀井薬品工業、前田薬品工業、松本製薬工業、摩耶堂製薬、マルホ、三笠製薬、三星製薬、ムネ製薬、明治薬品、森下仁丹、山本漢方製薬、祐徳薬品工業、、龍角散、リンテック、和光堂、渡辺薬品工業、キャタレント・ジャパン、救急薬品工業、キョーリンリメディオ、共栄製薬工業、協和新薬、、廣昌堂、小林化工、田村薬品工業、中外医薬生産、長生堂製薬、、ツキオカ、鶴原製薬、トーアエイヨー、東亜薬品、東亜薬品工業、東海カプセル、同仁医薬化工、大洋製薬、大洋薬品工業、高田製薬、田辺三菱製薬工場、テイカ製薬、帝國製薬、東光薬品工業、東洋紡績、中北薬品、ナガセ医薬品、日医工、日新製薬、日東メディック、日本化薬、ニプロファーマ、富士薬品武州製薬、目黒化工、持田製薬工場、、陽進堂

矢野経済研究所、医薬品製造受託市場に関する調査結果を発表
http://release.nikkei.co.jp/de……8&lindID=4

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク