医薬品卸は設備投資で活路、メーカーは卸抜き(中抜き)で生き残りの活路

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面白い記事があったので、、

医薬品流通施設整備が活発/卸・災害時対応で差別化/メーカー・直販体制確立へ拠点
http://www.kensetsunews.com/ar……ss=pickups

以前にも、東日本大震災後をきっかけに、

各広域卸が自家発電装置や免震の物流センターを構築して

設備投資を行っているという記事は書きました。。

でも、今回のニュースには、メーカーが直販体制を重視とのこと。。

そこで、ジェネリックメーカーである、「東和薬品」の名前だけが挙げられていますが、、

そもそも、製造メーカーの直販というのはOKなのか?

直販ということは、MRが価格を出している?

物流センターを構築してますが、商品の供給は、運送会社がやっているのか?違いますよね?
たしか、MRさんが納品してますよね。。

これって、前々から思っていたのですが、

現行の薬事法ではバツではないのでしょうか?

大丈夫か、東和薬品・・・・・

と、いいつつ、中抜きぐらいほかの業種では当たり前、

直営、直販をしない業界の方が珍しいぐらいですからね。。

卸が調剤薬局と引っ付いていけば、いくほど、

メーカーは直販へ傾いていくのでしょうかね。。

もう少し、ほかの動向が気になります。。

※豆情報=医薬品卸は大手の四大勢力が市場シェアの約90%を占めている

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク