医療用医薬品ポイント禁止 どうするドラッグストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい厚生労働大臣になって、動き始めました。

ポイントバックは値引きを禁じた省令に抵触する可能性を示唆した。

主にドラッグストアなのでクレジットカードや現金によって支払われた医療用医薬品のポイントの付与についてノーという答えだ。

しかし、クレジットカードで支払いを済ました側からすれば、すべてにポイントが付与されるのは当然だと思っているだろうし、

ましてやカード会社側のシステムがそんなうまく、処方せんでだされれた医療用医薬品だけはポイントは除外といったことができるのだろうか??

公定価格で決められたものだから値引きは好ましくない。

このスタンスはよくわかるのだが、この公定価格で差益をとっている病院側が平等の利益でないことは、いいのだろうか?

そもそもこの公定価格という価格自体も業界内では摩訶不思議という薬価はたくさんある。

国も事実を知っていながらも、新しい仕組みに対しては厳しい目線を常に向ける。。

ポイント制度がどこまで悪意があるのか、わかりませんが、

襟をただそうとする行為も間違っていないと思いますが、

平等に襟を正すなら、正す。

こうあってほしいですよね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク