今週の医薬品業界ハイライト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・TPP交渉
日本とアメリカでの共同提案では、新薬の特許権利期間の延長の見通し、完全に厚生省が推し進めている政策とは逆行する様子。ちなみに、新興国のマレーシアなどでは特許延長は配慮される見通し、年内妥結と評されているので、これによってはジェネリックバブルに弾けるかな(笑

・医薬品転売事情
皆保険で数百円で医薬品を仕入れてそれを転売。末端価格では5000円だそうです。おいおいって感じですが、さらに、これがジェネリック医薬品で行われいる事実がニュースになっているのだから、ちょっと引いてしまします。。。

・アステラスとアムジェン合弁会社
バイオ領域で国内承認薬を3年以内に発売を目指す。どこもバイオ、誰でもバイオになってきました。ちょっと前の後発品みたいな感じですが、懸念されているのはバイオで採算性が合うのか??新薬にチャレンジするよりは、見通しは立ちやすいのでしょうかね??

・FDS ランバクシー輸入禁止
結構、大きなニュースになってきておりますが、第一三共はやばいじゃないでしょうか?元々、買収劇は本当劇的ではありましたが、そこからも問題続出でしたし、今回もというところではありますが、これが短期なのか、長期なのか気にはなりますよね。インド製造はやっぱり怖いですかね。。。日本には流通していないのでしょうか?こういうときに調べる方法がないというのは困りますよね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク