ペットショップ運営会社が動物用医薬品販売 全国初

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットショップ運営会社の株式会社AHB(所在地:東京都江東区)は、動物用医薬品店舗販売業許可を取得し、「Bio Plus Pharmacy(バイオプラスファーマシー)」を開局。全国にチェーン展開しているペットショップ「PetPLus(ペットプラス)」の店舗やブリーダーに対して動物用医薬品の供給販売を開始した。ペット販売会社の動物用医薬品販売は国内では初めて。

動物用医薬品店舗販売業許可は取得した事により、獣医師の処方せん、管理薬剤師のアドバイスをもとに動物用医薬品の販売が可能になった。これにより、遠隔地に住んでいる人や、近くに動物病院がないブリーダーにも、動物用医薬品を届ける事が可能になり、全国の動物を愛する人々にとって、大変便利になり、安心してペットと暮らす事ができるようになった。

株式会社AHBは、「犬・猫繁殖研究」、「ブリーディングシンポジウムの開催」、「ブルセラ病の撲滅活動」等々を通して、ブリーダー様の支援を行なっており、今回の動物用医薬品販売もその一環だ。

【株式会社AHBの概況】
会社名   : 株式会社AHB
所在地   : 東京都江東区富岡1-18-17 富岡和倉ビル3F
本店所在地 : 東京都江東区新木場一丁目12番18号
代表取締役 : 川口 雅章
設立    : 平成23年10月11日
資本金   : 3000万円
事業内容  : CA(コンパニオンアニマル)の仕入れ・販売、ペット保険販売、
        ご購入後のサポート、キャットプラスの運営
        国際小動物医学研究所(Bio Plus)運営
従業員数  : 544名(内獣医師13名、2012年5月現在)
売上規模  : 約55億円(2013年度2月期予定)
全国事業所 : Pet Plus店舗73カ所、ウエルネスセンター5カ所、
        国際小動物医学研究所

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク