ペットにもジェネリック化が進む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動物薬の市場もジェネリック医薬品が多く支持されるようになってきたとニュースになっております。

ペットとなれば、保険がなく自費となるわけだから、
※一部、ペット保険というものも存在するらしいけれど

シビアに市場は変化していきそうですね。

人体用の医薬品よりも市場変化のスピードは速いことは間違いないでしょう。

動物薬と人体用の医薬品とどれくらい違うのかまで詳しくはしれませんが、

含有量の違いだったりすることがほとんどだと思います。

ましてや今、はやりのOD錠や飲みやすさなども求めていないですし、

価格が安ければ敏感に反応する市場なのでしょう。

ジェネリック本来の良さを発揮するだけで考えると、実は動物薬の方がうまくいくようにも思えますね。

<<回収情報>>
■ ノバルティスファーマ
  サーティカン錠0.25mg
  一部包装で錠剤未充填の恐れ

■ 東豊薬品
  グリセリン浣腸液50%
  比重が規格外れる

■ クラシエ製薬
  クラシエ六君子湯エキス細粒
  製造時異種エキス混入リコールクリップに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク