ベトナムで日本式ドラッグストアを共同運営 ドラッグセガミのココカラファインと現地企業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国内でセイジョー、ドラッグセガミなどのドラッグストアを展開するココカラファインは、6月8日、ベトナム社会主義共和国で、ホーチミン市内で薬局を20店舗展開している「インドチャイナ・ファーマシューティカルズ・ケミストリー」(IndoChina Pharmaceutical Chemistry JSC)と日本式ドラッグストアを共同運営すると発表した。現地で医薬品や化粧品、日用品、食品などを販売し、中間層の需要を取り込む。

ココカラファインは、中期事業戦略で、東アジアを中心とした海外への事業進出を発表していた。またベトナムでは、経済成長にともない日本式のドラッグストアに対して関心が高まり、今回、「インドチャイナ・ファーマシューティカルズ・ケミストリー」とココカラファインが共同で運営する事となった。

9月頃にホーチミン市内のビル内に日本式ドラックストア「TAM MAN(タンマン)」1号店をベトナムに開店する。TAM MANは、ベトナム語で「心と健康」という意味。このテスト店舗を通じてココカラファインは現地ドラッグストア市場の調査を実施するとともにドラッグストア事業参入への可能性を検討していく方針で、将来的には日本ブランドの商品やココカラのプライベートブランドも取り扱いたいとい思いがある。

株式会社ココカラファイン(cocokara fine Inc.)
◆本社    〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6イノテックビル5F・6F
◆代表者   代表取締役社長 塚本厚志
◆設立日   2008年4月1日
◆資本金   10億円
◆売上高   連結1909億5700万円
◆営業利益  連結33億9400万円
◆純利益   連結41億6900万円
         (2010年3月期)
◆従業員数  連結4479人 単体119人
         (2011年3月31日現在)
◆主要子会社 セガミメディクス株式会社
         株式会社セイジョー
         株式会社ジップドラッグ
         株式会社ライフォート

◆店名 TAM MAN
◆取扱商品 医薬品、化粧品、日用品、食品など
◆開店予定 2012年9月頃

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク