ビソプロロール国内ジェネリック3社供給停止 韓国製薬企業のGMP不適合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沢井製薬 メインロール錠2.5mg、5mg
東和薬品 メイントーワ錠2.5mg、5mg
全星薬品 ルーク錠2.5mg、5mg
(※一般名:ビソプロロール、先発名:メインテート)

上記の3社の医薬品の供給が停止されました。
理由は、韓国製薬企業のGMP不適合で原薬供給停止が原因とされています。

沢井と東和は代替品に日医工のメインハーツ錠2.5mg,5mgを推奨しているそうですが、
どうやらそうはいかないような声も届いてきています。

日医工のほかにメインテートの後発を発売しているのは
サンド、日新、テバの合計4社ですが、
結局のところ上記の3社分の供給の穴を埋めることができるのか??
メーカー対応を聞いてる限りでは、各社既存得意先の供給を優先させることで精一杯のように聞いています。

それでは、現在、沢井や東和、全星のジェネリックから先発品メインテートへ変更すると約10倍の薬価が違う。。
これってどうなんでしょうかね。。
なかなかスムーズにいくような話ではなさそうですね。。

そういえば数日前にもアテレックのジェネリックである、シルニジピンの供給が停止されたところでした。
もしかすると理由は同じなのかもしれませんね。。

韓国製薬企業の波紋はもしかすると広がる可能性は高い模様か

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク