ジェネリック普及の第一歩 後発名称でのヒヤリ・ハット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から言われてることですよ。

普及が始まって、広がらないからようやく動き始めたということですかね。

紛らわしい名前も多いのは確かだし、

同一名称かと思えば、微妙に違うことも多い。

その辺は、一気に統一名称へと変更してもらいたいものだ。

極論でいえば、シートや錠剤の色などもそろえてもいいくらいだと思う。

患者さん目線で考えれば、同じ効能の薬だが、名前も薬価も錠剤の色なども違う。

そりゃ不安がる人もいるだろう。

思い切って統一させるということは、そういうことではないのか

http://www.cabrain.net/news/ar……35403.html
後発品のブランド名に見直し求める声も- ヒヤリ・ハット防止策で

厚生労働省は8月31日、「医薬品・医療機器等対策部会」(部会長=外須美夫・九大大学院医学研究院教授)の第21回会合を開き、医薬品・医療機器の「ヒヤリ・ハット事例」に対する医薬品医療機器総合機構(PMDA)の調査結果を提示し、同部会委員から意見を聞いた。委員からは、現在独自の製品名(ブランド名)が付いている後発品の名称を、「一般名・剤型・含量・会社名(屋号)」の形式に改めることで、名称の類似した医薬品の取り違えを防止すべき、などの意見が出された・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク