ジェネリック医薬品で本当に薬代=患者負担は軽減されるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療関係者でも、患者負担はかなり下がるという考えの人もいますし、

反対に、後発品を使ってもそんなに患者負担は変わらないという人もたくさんいると思います。

なかには、院外処方にすることで、ジェネリックでは診療点数が余分について、

結果、支払いが多くなるという方もいるそうです。

ジェネリックを積極的に使用する方、しない方は、

とにかく真っ二つにわかれます。

ただ、どこの医師もジェネリックを使用せざる得ないという方は

増えつつあるとは思いますが、

今後、国が目標にしている30%を達成は微妙な雰囲気は否めないです。

そこで、なぜ、こうも、ジェネリックの肯定派、否定派の意見がわかれてしまうのか?

昔からの流れで、後発不信感があるとか、ないとか、

MR活動がないとか、MRの質がよくないとか、

卸が在庫を持っていないとか、供給面に不安があるとか、製造中止が多いとか

製品名が覚えにくいとか、患者へジェネリックの説明をするのが面倒だとか、、、、などなど

理由をあげればきりがないことでしょう。

とりあえず、それをいろいろ考えたことは除外をして、

医師と患者という関係で相違点を

考えたときに生じることは何か?

そんなことを、考えていたときに、真っ先に思ったのが、、、

医師と患者さんとの金銭感覚のズレ。

たとえば、

血圧のお薬を月に3000円飲んでいる場合に、

ジェネリック医薬品にする変更できる場合、2500円になります。

差額は500円です。

この500円を医師から見る場合と患者から見る場合とでは

当たり前ですが、やっぱり違いますよね。

年間で6000円ですが、年収1000万以上の医師と

年収300万または、年金生活をしている患者さんからすれば、

日々少しでも、節約という言葉を持って生活している人は多いですよね。

患者さん個々の生活水準を見極めて、提案することも

今の医療機関には必要なことなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク