クスリのアオキ 今期大幅増 来期新規店舗、改装投資で売上増を予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クスリのアオキ(石川県白山市)は、2012年5月期決算を発表し、売上高761億3500万円(前年同期比17.7%増)、営業利益35億2100万円(同期62.7%増)、経常利益35億9100万円(同期60.2%増)、当期利益20億6200万円(同期96.8%増)となった。また、2013年五月期予想は、売上高854億1700万円、営業利益35億1700万円、経常利益36億円、当期利益21億2000万円。ドラッグストアを12店舗、調剤薬局を12薬局を新規開設し、ドラックストア173店、調剤薬局を178店となった。

今期は、ドラックストアを20店舗と過去最大の規模で新規出店する予定。調剤薬局の新規出店は1薬局の予定。また食品を販売するために、冷蔵、冷凍ケースを置くなどのため、全面店舗改装は、20店舗になる予定。40店舗で小規模な改装も行うという。そのため過去最大となる45億円を投資する。北陸や新潟、長野、群馬などでの出店を予定している。これからの売り上げの伸びが期待できる投資だ。

青木保外志社長は二十八日の決算会見で「2012年5月期の全面改装は実験だった。来店頻度や集客力が高まり、収益も上がった。2013年5月期はさらにスピードアップしていきたい」と述べた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク