インド=ランバクシー アメリカでリピトールジェネリック発売へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加






インドのランバクシーがリピトール(アトルバスタチン)を発売を目前に株価上昇・・

何千億円もの市場が10分の1ぐらいになるのだから、

それは株価も大きく動きますよね。。

じゃー日本の市場はどうなのか??

ジェネリック市場から言えば、先発市場の20~30%ぐらいの

シェアを獲ることができれば、画期的なところでしょうが、

実際はどうなのでしょうかね。

何度も説明してますが、今回のリピトールのジェネリックは

日本で承認されているのは、5社のみです。

それで30%も供給をカバーすることは、不可能では、、と

考えてしまいますが、どこもかしこも、がんばっている感じはありますね。。。。。

、、そういえば、ランバクシーといえば、第一三共が親会社ですが、

第一三共のジェネリック部門、第一三共エスファはリピトールのジェネリックを発売しませんが、、

これはどういうことなのでしょうか??

印ランバクシー株上昇-FDAがリピトール後発薬来週にも承認の報で
http://www.bloomberg.co.jp/app……hroMBvGKQQ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク