アレグラ ジェネリック薬価収載2012.12.14 フェキソフェナジン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サノフィ・アベンティス
アレグラ錠30mg 薬価59.00 円
アレグラ錠60mg 薬価75.60 円

エルメットエーザイ
フェキソフェナジン塩酸塩錠30mg「EE」 薬価41.30 円
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「EE」 薬価52.90 円
エルメットエーザイ アレグラ

小林化工
フェキソフェナジン塩酸塩錠30mg「KN」 薬価41.30 円
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「KN」 薬価52.90 円

2012年12月14日にアレロックやガスモチンのジェネリック同様にアレグラの後発品も薬価収載されました。発売へ踏み込んだメーカーは「エルメットエーザイ」、「小林化工」のたったの2社です。しかも、表向きは2社ではありますが、製造は小林化工が行っていると思われるので、製造工場は1箇所と予想されます。

この1箇所が要因にあるのか、さだかではありませんが、両者ともホームページでは発売準備中と掲載されています。噂では1月から2月の期間内には発売がされるのではないかとでまわっていますが、これはエーザイMR、小林化工MRをつかまえて情報を聞き出すしか、詳細な情報は入ってこないかもしれませんね。

いろんな先生方とも話していましたが、アレグラ ジェネリックを発売へ踏み込んだということは評価できるともいえますし、供給問題が生じなかったときはメーカーとしては評価されても良いといえるでしょうね。また小林化工だけの発売だったら不安視は残りますが、エーザイの共同発売というのはそれ相応に特許裁判などが予想されている中でも使用する側には安心感があります。これが例えば、旧●洋薬品とかがアレグラ単独発売を行うといわれても、業界内から猛反発を受けながら販売を行う形になっていただろう。とはいえ、サノフィとの裁判がどうなるかはこれから始まることなので、様子をもう少し静観していく必要がありそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク