アレグラ ジェネリック医薬品発売!?フェキソフェナジン2012.12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

じほうがニュースとして取り上げていましたが、、、

ジェネリック医薬品メーカーの小林化工がアレグラの後発品を

2012年12月に後発品収載に向けて発売調整を行っているとのこと

卸さんから聞いてる分には正直、発売は無理だとか、

エーザイやテバの動向をみないとわからないとかいわれていましたが、、

小林化工だけは先駆け発売が決定したのでしょうかね。

もしもこの話が進めば600億円市場に対して

ジェネリック医薬品は1メーカーで対応ということになるでしょうから

供給面にはかなり不安は感じますよね。。

また順当にいけば、エルメットエーザイと小林化工は共同開発を行っているので

エーザイと小林が市場へ投入するということでしょうかね。。。。

気になったので、エルメットエーザイと小林化工のオフィシャルサイトを除いてみると、、こんなトピックがありました。

エルメットエーザイ= http://www.emec-med.com/
アレグラ®錠の用途特許に対する無効審判請求について
謹啓 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素より弊社製品につきましては、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社は、2012 年 8 月に製造販売承認を取得したアレルギー性疾患治療剤『フェキソフェナ

ジン塩酸塩錠 30mg「EE」/フェキソフェナジン塩酸塩錠 60mg「EE」』に関して、サノフィ株
式会社が専用実施権を保有するアレグラ®錠の 2 件の用途特許(第 3041954 号及び第 3037697
号)についての無効審判の請求を、2012 年 9 月 19 日付けで日本特許庁に行いましたことを
ご報告申し上げます。
弊社は、サノフィ株式会社が専用実施権を保有するアレグラ®錠に関する 2 件の用途特許に
関して、いずれも明白な無効理由を有しているため、弊社がフェキソフェナジン製剤を製造
販売する行為は、何らサノフィ株式会社の権利を侵害しないものと考えております。
弊社は、今後とも高品質な製品の安定供給に最大限注力してまいります。
引き続き弊社製品につきまして、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げますとともに、よ
り一層のご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

小林化工= http://www.kobayashikako.co.jp/
小林化工ではアレグラについての記事は見当たりませんでした。
2012年12月追補収載カタログを見る限りフェキソフェナジンの掲載はありませんでした??
どういうことなのでしょうかね。。

もう少し、注視していかなければならないかもしれませんね。

兎も角にも発売するならば、ジェネリックの風はさらに吹きそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク