アトルバスタチン、ドネペジルなど 11/28発売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく、リピトールやアリセプト、ボナロン、フォサマック、

クラビット点眼、ベネット、アクトネルなどの

後発品が発売されるそうです。

予定よりも、少し遅れたとのとですが、

いずれにしろ、大型商品ばかりなので、

どこの医療機関も検討されるところが多いことでしょう。

特に、DPC病院などは、どのメーカーにするか絞込みをかけている最中ではないでしょうか。

25日の日本病院団体協議会では、

後発医薬品の利用促進について、

診療報酬での手当でなく、

行政や後発品メーカーに一段の情報開示を求めることで一致した・・・

報酬ではなく、情報開示。

それは、より一層、行政として

ジェネリック製薬メーカー業界の洗い直しを、、、と聞こえてきそうな話です。

ジェネリック製薬メーカーもこれからは、

承認さえとれれば、永久的に販売できるという考えから、

メーカー独自のルールを作り、

情報を開示していく取り組みが必要なのかもしれません。

良質ジェネリックを絞込む。

そんなことは、本当にできるのか、、

「後発品促進に情報開示求める」- 日病協・代表者会議
http://www.cabrain.net/news/ar……36061.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク