どこまでも伸び続ける医薬品卸業界。調剤薬局が40%以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医薬品流通(卸)企業上位6社の事業規模における業態別売上高構成比は、
「調剤薬局」の43.0%
「大病院(200床以上)」の21.8%
「開業医・診療所」の15.5%
「一般薬局・その他」の12.1%
「中小病院(20~199床)の7.6%

大病院よりも調剤シェアが倍以上に勝っているというのは

いかがなものなでしょうか・・

日調が力を持ちすぎていると、端々に業界内でいい始めていますが
日本調剤ってどうですか? http://unkar.org/r/bio/1296488434

いずれにしろ、もう少しシェアが均等になるといいですがね。

卸も完全に自社のグループ調剤へ力を入れ始めています。

このあたりは、メーカーとの価格交渉を進めるために

自社調剤へ積極的に振らざるえないのかもしれません。

振っている可能性も高いかもしれません。

矢野経済研究所、医薬品流通(卸)事業に関する調査、2010年度は薬価改定の影響を受けるも前年度を上回る
http://www.mylifenote.net/008/……82010.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク